ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 日本における自動車の世紀 トヨタと日産を中心に

  • 日本における自動車の世紀 トヨタと日産を中心に

日本における自動車の世紀 トヨタと日産を中心に

  • ページ数
    687p
  • ISBN
    978-4-87687-204-6
  • 発売日
    1999年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

4,800 (税込:5,184

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 明治維新以降の、欧米先進国に追い付け、追い越せという日本の姿そのものが、自動車産業や技術の分野でも最大のテーマであり、トヨタやニッサンの企業のスタートから現在までをつらぬく課題である。現在は欧米先進国に追い付くのではなく、欧米のメーカーも含めて多くが目標としている、クルマのあるべき姿を求めることがテーマになっているが、その目標に向かって進むエネルギーの質は、依然として従来のものと同じような切羽つまった印象がある。
目次
第1章 トヨタとニッサンの創業前後(~1935年)
第2章 トラックの生産と軍需産業への道(1935~1945年)
第3章 戦後の混乱のなかで(1945~1952年)
第4章 乗用車主流時代の幕開け(1952~1955年)
第5章 豊かさの追求とベストセラーカーの誕生(1956~1960年)
第6章 黄金の60年代の始まり(1960~1962年)
第7章 高性能追求と販売競争の激化の時代(1963~1965年)
第8章 マイカー時代の到来とメーカーの成長(1966~1969年)
第9章 排気問題とオイルショックのなかでの成長(1970年代)
第10章 世界のなかの日本メーカーの活動(1980年代を中心に)
終章 クルマは未来になっていくか

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 日本における自動車の世紀 トヨタと日産を中心に
  • 日本における自動車の世紀 トヨタと日産を中心に

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中