ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 〈女らしさ〉はどう作られたのか

  • 〈女らしさ〉はどう作られたのか

〈女らしさ〉はどう作られたのか

  • ISBN
    978-4-8318-7246-3
  • 発売日
    1999年04月

2,600 (税込:2,808

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「女の身体の見方」という、「社会」と「文化」が作りあげた幻想を、女はなぜ「自然」なものとして受けいれてきたのか?近代という歴史空間のなかで、見つめられ規制されてきた「女の身体」の表象を跡づける。
目次
序論(変化する身体
身体の多義性 ほか)
1 語られる身体(女・医学・病
見つめられる女たち
美の表象とレトリック)
2 身体の規範化(表層の形成
飼いならされる身体―礼儀作法書のディスクール)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

「女の身体の見方」という、社会と文化が作りあげた幻想を、女はなぜ自然なものとして受け入れてきたのか。文学、美術などを題材にしたモードと身体の近代史。図版多数。

ページの先頭へ

閉じる

  • 〈女らしさ〉はどう作られたのか
  • 〈女らしさ〉はどう作られたのか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中