ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 近代犯罪資料叢書 14 復刻 恐ろしき犯罪鑑定夜話 初版:大阪屋号書店 大正10年刊

  • 近代犯罪資料叢書 14 復刻 恐ろしき犯罪鑑定夜話 初版:大阪屋号書店 大正10年刊

近代犯罪資料叢書 14 復刻 恐ろしき犯罪鑑定夜話 初版:大阪屋号書店 大正10年刊

  • シリーズ名
    近代犯罪資料叢書  14
  • 巻の書名
    恐ろしき犯罪鑑定夜話 初版:大阪屋号書店 大正10年刊
  • 巻の著者名
    高田杏湖/著
  • ISBN
    978-4-283-00039-1
  • 発売日
    1999年01月

8,000 (税込:8,800

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 急性胃腸カタルで相次いで死亡したとみられていた素封家一家の真の死因は、亜砒酸の内服によるものだった…。保険金詐欺と毒薬の切っても切れぬ関係、自殺と他殺のキズの区別法、など、法医学の専門家ならではの犯罪鑑定よもやま話。本巻は、高田杏湖著『恐ろしき犯罪鑑定夜話』(大阪屋号書店発行、大正10年11月)の本扉から奥付(奥付広告等を含む)までの全ページを原寸収録したもの。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 近代犯罪資料叢書 14 復刻 恐ろしき犯罪鑑定夜話 初版:大阪屋号書店 大正10年刊
  • 近代犯罪資料叢書 14 復刻 恐ろしき犯罪鑑定夜話 初版:大阪屋号書店 大正10年刊

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中