ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 野ざらし紀行評釈

  • 野ざらし紀行評釈

野ざらし紀行評釈

  • シリーズ名
    角川叢書 1
  • ページ数
    270p
  • ISBN
    978-4-04-702101-3
  • 発売日
    1998年12月

2,800 (税込:3,024

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 蕉風確立へ向かう過渡期の句文を当代随一の芭蕉研究家が最新の知見を加え、評釈する。(国語・国文学図書総目録より)
目次
旅立ち、箱根越え
富士川
大井川・佐夜の中山
伊勢
伊賀・大和
吉野
山中・不破・大垣
桑名・熱田
尾張旅泊
故郷越年、大和
京都・大津
邂逅と離別
惜別・帰庵

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

蕉風確立へ向かう過渡期の句文を当代随一の芭蕉研究家が最新の知見を加え、評釈する。

ページの先頭へ

閉じる

  • 野ざらし紀行評釈
  • 野ざらし紀行評釈

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中