ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • わたしときつねさん

  • わたしときつねさん

ポイント倍率

わたしときつねさん

  • シリーズ名
    えほんあらかると 2
  • ISBN
    978-4-577-01930-6
  • 発売日
    1998年11月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 昔、きつねが好きで、きつねと友だちになれたらな、と思っていました。山の杉の木の一列一列にきつねがいて、きつねが守ってくれるからどの木もみんな大きくなる…、そんな話を聞かされていたからです。その頃を思い出しながら、よく山歩きをします。「きつねさんに、あえたらいいな」と、今も思います。何の警戒心もなく信頼する心でつつみあえば、どんなに違った立場にいる人とでも、友だちになれる。そんな性善説を、やはり信じたくて、こんな話を作ったのです。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 幼児 小学12年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

子供は誰しも純粋な心の持ち主です。警戒心を抱かず、心を打ち解け直ぐ仲良くなります。そして、信頼が生まれていく。それが怖い獣の動物でもあっても、恐れることなく。大人は、過去の体験から、頭ごなしに判断していく。そして、純粋な子供の心、友情を打ち砕いていく。そんなお話の内容でした。これは冬のお話なのですが、読んだ後、心が暖かくなります。きつねのたみちゃんと言う女の子を思う心が、とても暖かかったからです。たみちゃんを守ってくれて有難う。そして、せっかく仲良くなれたのに、離れ離れになっちゃて、寂しかった。(秀のママさん 30代・大阪府豊中市 男5歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • わたしときつねさん
  • わたしときつねさん

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中