ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ふき

  • ふき

ふき

  • シリーズ名
    えほん・ハートランド 23
  • ページ数
    31p
  • ISBN
    978-4-265-03453-6
  • 発売日
    1998年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ふきのおとうは、木こりの名人だ。おとうが、しごとをしている最中はだいば山の大男・大太郎と、せっせっせをしたり、のしろの町の話をして、あそんでいた。あるとき、でんでろ山の青おにが、山をあらしにやってきた。ふきのおとうが、たちむかったが、青おににやられてしまった。ふきは、おとうのかたきの青おにに、たたかいをいどんだ。そのとき、なだれがおきて、ふきは青おにもろとも…。―だから大男の大太郎は、春をまちかねているのに、春がきらいだ。春になってふきのとうが芽をだすと、ふきのことをおもって、なくのをがまんしているんだ。大男がなくのは、みっともないからな。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25cm
対象年齢 幼児~小学低学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

 これ以上の悲劇があるかと思えるくらい悲しいお話ですが、物語と版画の迫力に圧倒されながら、最後には何か人間の想像を超えた魂の力に心を打たれるような感覚に陥ります。 娘は、「ふきは、どこにいるの?」と、ふきの安否だけをただただ案じ、祈るような気持ちで聞いていたようです。そして、なだれの恐ろしさを説明すると、「雪の下では息ができないの? ふきは死んじゃったの?」と、悲しみでいっぱいの目で、再び絵本のページをめくっていました。(ガーリャさん 40代・静岡県*** 女の子7歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ふき
  • ふき

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中