ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • メタルカラーの時代 3

  • メタルカラーの時代 3

メタルカラーの時代 3

  • ISBN
    978-4-09-379423-7
  • 発売日
    1998年09月

2,200 (税込:2,376

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 純国産のH-2ロケット、世界一の明石海峡大橋…。日本には未来に誇れる技術がある。創造的技術者「メタルカラー」たちが、その秘密を余すところなく語った。「底冷え日本」に元気を取り戻すモ 作り奮戦記。
目次
第1章 宇宙世紀の幕開け(H‐2ロケットを宇宙へ射つ「指揮官」の誇り―宇宙開発事業団
H‐2ロケット純国産「エンジン」開発の熱い道―三菱重工業 ほか)
第2章 大空に飛び交う意志(宇宙の玄関=山口に「パラボラ林立」の理由―KDD山口衛星通信所
地球局「静止衛星」遠隔操作の腕前―日本サテライトシステムズ ほか)
第3章 神秘の微細ワールド(絶対神「キログラム原器」10億分の1kgの世界―通産省工業技術院計量研究所
工業の必須品「マイクロメータ」開発の大使命―ミツトヨ ほか)
第4章 土と水との格闘(開通した「英仏海峡トンネル」掘削余話―川崎重工業
巨大鉄箱を沈めた「多摩川河口下トンネル」―首都高速道路公団 ほか)
第5章 マルチメディア時代の華(家庭に500個ある電子部品「フェライト」の製造―日立金属
マルチメディアの窓「液晶画面」開発の独走技術―シャープ ほか)
第6章 大海峡を渡る夢(明石海峡大橋を支える「巨大錨と鋼鉄線」―本州四国連絡橋公団
明石海峡大橋を造った世界一の「コンクリート」―大林組技術研究所 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 20cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • メタルカラーの時代 3
  • メタルカラーの時代 3

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中