ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 「白村江」以後 国家危機と東アジア外交

  • 「白村江」以後 国家危機と東アジア外交

「白村江」以後 国家危機と東アジア外交

  • シリーズ名
    講談社選書メチエ 132
  • ISBN
    978-4-06-258132-5
  • 発売日
    1998年06月

1,500 (税込:1,620

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 663年、倭国大敗。国家存亡の秋(とき)。後進性を痛感した倭は、国家体制の整備を急ぐ。対唐防衛綱の構築、亡命百済人による東国開発、官僚制整備。律令国家「日本」完成へといたる、古代の「近代化」を描き、あわせて現状におよぶ、無策、無定見の日本外交の問題点を抉る。
目次
序章 古代日本最大の危機
第1章 白村江への道
第2章 百済の役
第3章 律令国家「日本」の成立

商品詳細情報

フォーマット 新書・選書
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 「白村江」以後 国家危機と東アジア外交
  • 「白村江」以後 国家危機と東アジア外交

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中