ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 公衆栄養学

  • 公衆栄養学

公衆栄養学

  • シリーズ名
    新栄養士課程講座
  • ページ数
    213p
  • ISBN
    978-4-7679-0169-5
  • 発売日
    1997年00月

2,100 (税込:2,268

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 昭和60年6月25日に「栄養士法及び栄養改善法の一部を改正する法律」が公布され、昭和62年4月1日から施行される。これに伴い、栄養士養成課程カリキュラムが変更され、公衆栄養学はより重要な位置づけとなった。このような新しい情勢に対処するため、これからの公衆栄養学に必要と思われる項目を網羅し、要点を簡明に記述することを目指して本書の編集にあたった。
目次
第1章 公衆栄養の概念
第2章 食生活の推移と動向
第3章 栄養所要量
第4章 国民栄養の推移と現状の問題点
第5章 食料の需要と供給
第6章 人口と食料
第7章 国民の健康と疾病
第8章 公衆栄養と栄養行政
第9章 公衆栄養活動の基本
第10章 行政機関の公衆栄養施策
第11章 地域公衆栄養活動の実際
第12章 諸外国の栄養状況と施策

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm

ページの先頭へ

閉じる

  • 公衆栄養学
  • 公衆栄養学

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中