ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 柘榴の祀月魂(つき)の罪

  • 柘榴の祀月魂(つき)の罪

柘榴の祀月魂(つき)の罪

  • シリーズ名
    如意樹幻世譚 2
  • ページ数
    263p
  • ISBN
    978-4-87892-093-6
  • 発売日
    1996年07月

563 (税込:608

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • カルールの大神殿を支配するエーカ・シュリンガは、おのれの力を高めるために『暗黒の秘儀』で、赤い血を持つ第二のシュラヴァナを創り出した。一方、戦いのなかで力不足を痛感したラーガは『如意樹』によって別の次元へと送られ、成長した姿で再び『光の大導士』として帰還する。ラーガと青い血のシュラヴァナのふたりを軸にした『光』と『闇』の闘いは、シシュパールガルに赴任したティッサを巻き込んで、さらに苛烈なものになってゆく…。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 柘榴の祀月魂(つき)の罪
  • 柘榴の祀月魂(つき)の罪

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中