ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 西行 草庵と旅路に歌う

  • 西行 草庵と旅路に歌う

西行 草庵と旅路に歌う

  • シリーズ名
    日本の作家 16
  • ページ数
    326p
  • ISBN
    978-4-7879-7016-9
  • 発売日
    1996年04月

2,524 (税込:2,726

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「ねがはくは花のしたにて春しなんそのきさらぎのもち月のころ」の歌をそのままに大往生した西行は花と月を愛し、仏道信仰に生きた風流僧として多くの人々に愛され、偶像化されている。本書は、その西行像に疑問を感じ、西行の作品や同時代の資料を縦横に使って、生身の人間西行を描き出した意欲作。
目次
誕生
父系と父
母方の祖父と母
子女
延臣時代
出家前の義清
出家
出家直後の彷徨
僧房での詠歌
初度陸奥の旅〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 西行 草庵と旅路に歌う
  • 西行 草庵と旅路に歌う

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中