ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 僕が医者として出来ること

  • 僕が医者として出来ること

僕が医者として出来ること

  • シリーズ名
    講談社ニューハードカバー
  • ページ数
    235p
  • ISBN
    978-4-06-264005-3
  • 発売日
    1995年11月

1,359 (税込:1,468

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 「医者が“絶対者”である立場をかえなくてはならない」1991年に聖ヨハネ会総合病院桜町病院ホスピス科部長として赴任してから、さまざまな死のプロセスを見ることで、さまざまな人生そのものを感じとってきた著者が、「これからの医者のあり方」を提言する。医療の現場の主役は患者さんであって、主役に対して最高の技術と知識で応えるのが医者や看護スタッフの役目である…などと、医者側の“意識の改革”を目指して行動する。
目次
第1章 医者を目指した時代
第2章 心臓マッサージをしない医者
第3章 そして、ホスピスへ
第4章 これからの医者の在り方
第5章 ホスピスからの再出発

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 僕が医者として出来ること
  • 僕が医者として出来ること

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中