ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 評決 (スクリーンプレイ・シリーズ)

  • 評決 (スクリーンプレイ・シリーズ)

評決 (スクリーンプレイ・シリーズ)

  • シリーズ名
    スクリーンプレイ・シリーズ
  • ISBN
    978-4-89407-012-7
  • 発売日
    1995年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,320

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 元エリートの弁護士フランクはある事件をきっかけに落ちぶれ、酒浸りの日々を送っていた。友人の老弁護士ミッキーからも愛想をつかされ始めていたときに、彼から回された1つの事件が、彼の奥に眠る正義の魂を揺さぶる。法廷は弱者のためにあるのではない、弱者にチャンスを与える場所だという信念を胸に、弱者の味方となって立ち上がった。しかし、相手は教会という大きな権力に守られ、弁護士は悪魔顔負けのやり手で、判事もフランクに対して冷たい。挫折しそうになるフランクだが、権力の強みを利用する相手に憤慨し最後まで戦い抜く決意をする。果たして正義はどこにあるのか。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 大学生 一般

商品のおすすめ

法廷映画なので当然、法律用語が頻繁に登場し、されに対する相手が教会、病院という事で医療用語の頻度も高いが、卑語、俗語は余りなく、会話スピードはそれほど速くないので、専門用語さえ分かれば聞き取りはそれほど難しくはない。法廷でのやりとりは、人の呼びかけ、返答の仕方など、決まった言い回しがあり非常に興味深く、フランクの最終弁論には心を揺さぶられるものがあるので良く味わってもらいたい。

ページの先頭へ

閉じる

  • 評決 (スクリーンプレイ・シリーズ)
  • 評決 (スクリーンプレイ・シリーズ)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中