ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • レインマン 第2版

  • レインマン 第2版

レインマン 第2版

  • シリーズ名
    スクリーン・プレイ・シリーズ 14
  • ISBN
    978-4-89407-041-7
  • 発売日
    1991年04月

1,200 (税込:1,320

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • チャーリーは10代で家出し今は車の販売業を営むが、自転車操業の苦しい日々だ。そこへ父が急逝したとの速報が届く。だが遺言には300万ドルの財産は、その時初めて存在を知った自分の実兄レイモンドが相続するとあった。彼は40年の間、自閉症で入院していたのだ。兄の後見人として遺産を手にしようとした弟は兄を病院から連れ出しL.A.に向かって一緒に旅に出る。だが彼は異常な行動の一方で驚くべき記憶力と数字の才能を持っていた。そしてモーテルに泊まった時レイが持っていた20数年前の二人一緒の写真を見て、架空の友達だと思っていたレインマンはレイモンドの事だったと分かり、チャーリーは初めて心の触れ合いを覚える。忘れていた兄弟の絆で結ばれた二人の現実とこれからの人生は・・・

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 大学生 一般
版数 第2版

商品のおすすめ

せりふの量も多く聞き取り難度は高い。天才的な能力に恵まれながら心の孤独なレイの話し方は時に速く時に遅く、吃りも混じっていた標準的とは言い難いが、次々と口走る数字に留意して聞き取りに挑戦したい。チャーリーは標準米語で発音も明瞭、全てのせりふが理想的なお手本である。スザンナ役のゴリノはイタリア出身のためそのアクセントがあるものの落ち着いた口調で聞きやすい。

ページの先頭へ

閉じる

  • レインマン 第2版
  • レインマン 第2版

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中