ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 大おばさんの不思議なレシピ

  • 大おばさんの不思議なレシピ

大おばさんの不思議なレシピ

  • シリーズ名
    偕成社ワンダーランド 8
  • ページ数
    186p
  • ISBN
    978-4-03-540080-6
  • 発売日
    1993年07月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【対象】 
     
    小学中学年

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 小学中学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

柏葉さんらしい、とってもファンタジックなお話です。題名に書いてある通り、今回ふしぎな世界へカギは、主人公の大おばさんが、結婚祝いにお母さんにくれたという手製の「レシピ」の本。(この本には、料理のほかに手芸関係のレシピものっているんです)主人公の美奈はひどいぶきっちょだけど、それを改善すべく、大おばさんのレシピから、簡単な作品を見積もって不格好ながらもいろいろ挑戦するわけです。不思議な世界へ行く度に通る窓口の「ドクムマ」も面白いキャラクターだし、美奈のおせっかいで江戸っ子っぽい性格も笑えます。端役だけど、美奈のお母さんもいい味が出ていて、物語を盛り上げてくれています。内容は4章に分かれていて、それぞれのお話で完結しています。私は魔女らしくない魔女の出てくる「魔女のパック」と、誰にも読まれない物語の主人公を叱咤し、思いっきり引っかき回してくる「姫君の目覚まし」が面白かったです。児島なおみさんのイラストも雰囲気があっていて、とても素敵でした。ファンタジー系の好きなお子さんには特にお薦めです。小学校中学年くらいから読めるかと思います。(てんぐざるさん 40代・埼玉県久喜市 女14歳、女9歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 大おばさんの不思議なレシピ
  • 大おばさんの不思議なレシピ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中