ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 鬼の子ダボラ

  • 鬼の子ダボラ

鬼の子ダボラ

  • シリーズ名
    創作民話絵本
  • ISBN
    978-4-333-01590-0
  • 発売日
    1992年11月

903 (税込:975

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25cm
対象年齢 幼児 小学12年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

『鬼』とタイトルについているので、悪者の鬼の話しを想像したのですが、違ってました。鬼の子ダボラが、おばあさんに預けられ、育てられるのですが、とっても小さいダボラは村中の人気者。しかし、預けられた時の約束で、13年後には山へ帰らなければなりません。山でダボラが吹く笛に、侍たちが反感を持ち、ダボラ退治に来るのですが・・・。つい感情移入してしまい、子どもたちに何度も読みました。悲しい最後にならないところが、とっても気に入って、大好きな一冊になりました。(なずなさん 30代・東京都大田区 男6歳、男4歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 鬼の子ダボラ
  • 鬼の子ダボラ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中