ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • モンテロッソのピンクの壁

  • モンテロッソのピンクの壁

ポイント倍率

モンテロッソのピンクの壁

  • ISBN
    978-4-593-56034-9
  • 発売日
    1992年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,600 (税込:1,728

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ハスカップはうす茶色の猫。寝ているのが大好き。ある日夢で見たピンクの壁…。「その場所こそ、私がどうしてもいかなきゃならない場所なんだわ」それがモンテロッソのピンクの壁。ハスカップの旅のはじまりはじまり。ちょっと愛らしくて、不思議で、ナンセンスな物語。 

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 28cm
対象年齢 小学中~高学年

商品のおすすめ

夢でピンクの壁を見た猫のハスカップ。「そこにいかなきゃ」と不思議な旅がはじまります。

【対象】 
 
小学中~高学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

ハスカップは、おばあさんに何不自由なく愛されている飼い猫。でも、いつも夢に出てくる、モンテロッソのピンクの壁こそ自分の行かなくてはならないところだと、旅にでます。港に行ったり、気球に乗ったり、車の屋根に乗ったり、いろんな町を通り抜け、海外っぽい風景が楽しめました。荒井良二さんの絵もカラフルでかわいいです。私は、絶対ネズミを食べたいとは思いませんが、旅の途中ハスカップが食べるネズミは、オーブンでこんがり焼いてジュワジュワとジューシーで、さらにハーブまでのっけて、なんだかおいしそうでした。面白いのが、ハスカップの気品の高さ。野良猫みたいに物欲しげにニャアと鳴いてご飯をもらうのはゴメンで、自分でネズミを採って、奥さんに「焼いてくださる?」という感じで焼いてもらったり、貧しさから強盗を働いて捕まりそうになった子どもを逃がしたり、なんだか一筋縄じゃいかない闇のヒーロー風味…。ハスカップ、面白いです。字が少し多めなので、小学生以上がおすすめではないかと。(ナオ55さん 20代・高知県安芸郡 )

ページの先頭へ

閉じる

  • モンテロッソのピンクの壁
  • モンテロッソのピンクの壁

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中