ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • おさるがおよぐ

  • おさるがおよぐ

おさるがおよぐ

  • シリーズ名
    どうわがいっぱい 31
  • ページ数
    85p
  • ISBN
    978-4-06-197831-7
  • 発売日
    1992年08月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,100 (税込:1,188

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • おさるの「ぼく」が初めて島をでてみると…海のむこうが見たくなったおさるの「ぼく」は、ある日沖に向かって泳ぎ始めました。広い海のまん中でぼくが見たのは、やっぱり広い広い海と広い広い空でした。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 小学中~高学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

いとうひろしさんの「おさるシリーズ」です。南の島に住んでるおさるのぼくは、島のことなら何だって知っています。目をつぶってたって、どこに何があるのかわかります。でも、海の向こうは見たことがありません。どれくらい広いのでしょう?ある日、ぼくは丸太に乗って、海に出てみることにしました。さあ、おさるの大冒険!(ここから、カラーページというのもにくい演出ですね?。)最初タイトルを見た時は、おさるがクロールとか平泳ぎとか・・・そういう風に泳ぐ話かと思ってびっくりしました。な?んだ、丸太だったのね?。う?ん、でもこれがなかなか奥が深いテーマだったりします。(このシリーズはみんな、単純で平凡なおさるの暮らしがかかれてるようで、実はどれもなかなかすごいことがかかれてる気がします。いとうさん自体は、そんなこと全然意識してないよ?という感じでさらっとかかれてるのですが・・・。そこがこのシリーズの魅力です♪)のほほんとしたおさるが、海のど真ん中で会ったのは・・・?時には、勇気を出して大冒険に出かけてみるのもいいかもね。ぜひ、シリーズ読破したいです。(ぼのさん 30代・新潟県中頸城郡 男10歳、女8歳、女3歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • おさるがおよぐ
  • おさるがおよぐ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中