ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • うさぎおばさんのとくべつりょうり

  • うさぎおばさんのとくべつりょうり

うさぎおばさんのとくべつりょうり

  • シリーズ名
    そうさくえほん館 3 なかまっていいな
  • ISBN
    978-4-324-03061-5
  • 発売日
    1992年06月

1,456 (税込:1,572

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 29cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

うさぎおばさんのレストラン「にんじんてい」はいつもたくさんの動物たちでとてもはやっています。ところがある夜泥棒が入りお鍋やフライパンなど料理にかかせないものが盗まれてしまいます。それでもうさぎおばさんは、まにあわせの道具でいつも通りのおいしい料理をお客さんたちに出すのです。ところがまたもや泥棒が入り今度は「にんじんてい」の看板を盗まれてしまうのです。それでもお店はお客さんでいっぱいです。とうとう泥棒はうさぎおばさんをひもでしばりあげりょうりの味やひみつを知ろうとするのです。うさぎおばさんはにこにこしながら泥棒に料理を作って出すのです。ところがその料理には特別な味が隠されていたのです。犯人はとなりの森のレストランのやまねこさんでした。やまねこさんが食べた特別料理に興味がわきましたか?それは読んでからのお楽しみです。ちなみに我が家の4歳になる息子は「うぇー」という反応をしました。最後にこの絵本では、うさぎおばさんは「お母さんの心のこもった料理にはかないませんよ」というのです。その言葉を読んで親子共々心の暖まる絵本だなあと感じました。(利恵子さん 20代・千葉県長生郡 男4歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • うさぎおばさんのとくべつりょうり
  • うさぎおばさんのとくべつりょうり

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中