ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ひとりでだってかえれるもん

  • ひとりでだってかえれるもん

ひとりでだってかえれるもん

  • シリーズ名
    えほんはともだち 20
  • ISBN
    978-4-591-03760-7
  • 発売日
    1992年02月

1,165 (税込:1,258

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 29cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

てっちゃんは、うちの息子と同じ1人っ子。出だしの文章を読んだ時、うちの息子もてっちゃんの気持ちよ?く分かったみたいでした。それで、帰りにお母さんとはぐれてしまう、アクシデント。だから、息子は「てっちゃん、がんばれ」と言う気持ちで、読み聞かせをじっと聞いていました。その姿が他人事とは、思えず面白かったです。子供って、凄いですよね。ちゃんといつも見ていないようで、色々見ている。どの子も確実に成長していることが分かりました。1人っ子は、兄弟がいない分、劣る部分の成長もあること、ちゃんと親は気付いてあげなくちゃいけないものなのですね。(秀のママさん 30代・大阪府豊中市 男5歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ひとりでだってかえれるもん
  • ひとりでだってかえれるもん

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中