ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ききゅうがとんだひ

  • ききゅうがとんだひ

ききゅうがとんだひ

  • シリーズ名
    えほんのもり 20
  • ISBN
    978-4-580-80978-9
  • 発売日
    1992年04月

1,068 (税込:1,153

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

「あーあ ながい あいだに みんなで 木をどんどん 切ってしまったから」そのため 大雨で崖が崩れ 暮らす場所がなくなったのですそのため 気球にのって 「みんなで暮らせる場所を さがしにいこう!」昔の緑豊かな様子 「木登りしたり ブランコに乗ったり あー 楽しかった」とがげたちが 気球目指して 荒れ果てた 砂漠のようなところを歩いていますカタツムリや カブトムシ ちょうちょが死んでいます荒れ果てた 土地に 魚のホネや 貝殻があります木を倒し 緑が無くなると言うことが どんなに おそろしいことか」気がつくのですそして りすや ウサギやキツネの足跡が 見てましたいろんな動物たちが 気球に乗っています気球が飛び立とうとしたとき 動物たちは 双眼鏡で 荒れ果てた土地をながめると    なんと 緑の 双葉が見えたのです動物たちは喜びます    緑を見つけ みんなで もどろうと気球から降りて 駆け出すのですどんなにか 緑が大事か みんなは知っています 人間への警鐘でしょうか?むやみやたらに 木を切り倒してはいけませんと 教えてくれているのですね(にぎりすしさん 60代・京都府 )

ページの先頭へ

閉じる

  • ききゅうがとんだひ
  • ききゅうがとんだひ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中