ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 児童心理

  • 児童心理

児童心理

  • ページ数
    189p
  • ISBN
    978-4-00-002688-8
  • 発売日
    1991年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 人間の子どもは、周囲の手厚い庇護を必要とするか弱い存在として生まれてくる。その乳児が、どのような道筋をとおっておとなになっていくのか。対人関係、認知の働らき、言語活動の三つの側面から、人や物とのかかわりの中で子どもが成長していく姿を描き、乳児から青年期にいたる各段階で、子どもが当面する発達上の課題を明らかにする。児童心理学を学ぶ学生、そして、広く子どもの問題に関心をもつ人たちのために、最新の研究成果をもとに書き下された発達心理学入門。詳細な用語解説を付す。
目次
序 子どもと発達(子どもとおとな
発達のかたち)
第1部 対人活動の発達(「人」との出会い
しつけ―幼児期の親子関係
子どもの遊び
子ども集団―仲間
道徳性の発達)
第2部 認知活動の発達(物との出会い―幼児の認知活動
イメージの世界―幼児の認知活動
カテゴリー的思考―児童の認知活動)
第3部 言語活動の発達(ことばの獲得
ことばの生活化
ことばのことば化)
第4部 青年期の展開と人格の発達(青年期の展開
人格の発達
子どもと生活)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21cm
対象年齢 大学生 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 児童心理
  • 児童心理

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中