ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ひとつの夜

  • ひとつの夜

ひとつの夜

  • シリーズ名
    日本の絵本
  • ページ数
    27p
  • ISBN
    978-4-03-964420-6
  • 発売日
    1991年12月

1,359 (税込:1,468

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26×26cm
対象年齢 小学12年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

詩の本です。自分だけ、または自分の家族だけと思っている夜にも、窓の外を眺めると、十人十色の夜があります。息子と読んだのですが、息子には少し難しい夜もあると思いました。「のみつぶれる よる」、「でんわも ない、てがみも こない ひとりぼっちのよる」などは、大人または大人になっていく過程のものだからです。病院では、新しい生命を祝う一方で、消えかかっていく命に祈っています。誰にでも平等に夜は来て、過ごし方もさまざまで、いろいろな意味を持っている夜。私は読みながら、夜は再生の時間ということを思いました。読んだ人の数だけ、心に思うことも違ってくる絵本なのではないでしょうか?子どもと読むよりは、子どもが眠ってしまってから、いろいろなことに思いを馳せながら一人で読みたい本だと思いました。(はなびやさん 40代・愛知県○○市 男6歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ひとつの夜
  • ひとつの夜

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中