ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 風来坊の子守歌がきこえる

  • 風来坊の子守歌がきこえる

風来坊の子守歌がきこえる

  • シリーズ名
    スピカ絵本の森 5
  • ISBN
    978-4-87692-026-6
  • 発売日
    1991年11月

1,262 (税込:1,363

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 幼児 小学12年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

いくさで燃える村から赤ん坊の泣き声が聞こえる。「まずい!」風来坊は燃える村へ走る。燃えさかる家の土間から赤ん坊を救いだした風来坊は、母子像と文を残した。戦に巻き込まれた村には、村人の影はない。子供の名前を「風(ふう)」と名付け、自分のことを坊(ぼう)と呼ばせ、風来坊の子連れの旅が始まった。川端誠さんの風来坊シリーズの1冊です。この本は、お父さんに是非とも読んで頂きたい作品としてお勧めします。なお、子供への読み聞かせは、少し大きくなってからが良いと思います。川端誠さんといえば笑える作品が多いのですが、これには泣かされてしまいます。◆ある日、風来坊は”風”に戦の話、両親の話をする。?「いつあえるの?」「そのうちにな」?(・_
)◆風は雪だるまに、おかあ、おとう、ふう、ぼう と墨で書く。真っ白の雪の中に佇む風来坊。(
_
)◆木の根元で今夜も眠る。風来坊が歌う子守歌は、1番は母、2番は父、3番は風来坊の歌。(/_
)そして、ついに◆「よかったな”風”。?おれの仕事はこれまでだ。ついてくるな”風”。さらばだ。なくな!泣くな”風”」。(/_\)夕日を浴びながら走り去る風来坊。修行はしない、お経は読まぬ、だけど木彫りは天下一品。なけるぜ!風来坊(T_T)(ジョバンニさん 40代・広島県広島市 男5歳、女1歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • 風来坊の子守歌がきこえる
  • 風来坊の子守歌がきこえる

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中