ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • みっちゃんの小冒険 車いすのジョー物語

  • みっちゃんの小冒険 車いすのジョー物語

ポイント倍率

みっちゃんの小冒険 車いすのジョー物語

  • ISBN
    978-4-87208-018-6
  • 発売日
    1991年12月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,456 (税込:1,572

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【対象】 
     
    小学低~中学年

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 小学低~中学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

この絵本、いいです。表紙を見たときは、ありがちな夢見がちなお話かと思いましたが、もっとリアルで力強いお話でした。イラストを担当された黒木洋高さん自身、事故で手足が動かなくなってしまって電動車椅子に乗り、口で絵を描き、ワープロを使っている青年です。主人公のみっちゃんは小さい頃脳性麻痺にかかり、手足がうまく動かず、言葉も未熟な女の子。そのみっちゃんのお父さんが交通事故にあい、入院したのを聞いて、みっちゃんはいてもたってもいられなくなり、車椅子のジョーに乗って、初めて一人で、町へ出るお話です。絵本の題名は「小冒険」とありますが、みっちゃんにとっては、そう遠くない病院に一人で行くというだけでも、大冒険だったに違いありません。車椅子に乗る不便さは、さりげなく要所要所で描かれています。ちょっとした段差や狭い道では動けなくなるとか、何かに乗りたいときには他人の手が必要だとか…。私たち読み手は、そこのところを素通りしてしまうのではなく、この絵本に出会ったことで、理解して、彼らの不便さに手を差し伸べられるような人間になりたいです。(てんぐざるさん 30代・埼玉県久喜市 女11歳、女5歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • みっちゃんの小冒険 車いすのジョー物語
  • みっちゃんの小冒険 車いすのジョー物語

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中