ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • かさをささないシランさん

  • かさをささないシランさん

かさをささないシランさん

  • ISBN
    978-4-652-04210-6
  • 発売日
    1991年03月

1,165 (税込:1,258

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【対象】 
     
    小学高学年

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 21×21cm
対象年齢 小学高学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

谷川俊太郎さんが「自由へのねがい」(アムネスティ・インターナショネル紹介映画)絵本化されるに当たってもいろいろなことがあったのですね。 いせひでこさんの絵はすごいもがあります(彼女の絵は心に残りますね)タイトルの「かさをささない シランさん」 おもしろいな?そんな思いで手に取りましたが・・・・深?い話でした 子供には少し難しい内容かもしれませんが 中学生くらいの人ならすごく深い話かもしれません人はそれぞれ 違っています。 お国柄でも 文化の違いでも 食べるものも 価値観もそれぞれ違うのですが、人間として大事な事は大きくは変わらないことも多いように思います!この絵本のシランさんは かさをささないからから 捕まり 牢獄に入れられてしまうのですが・・・・えっ!  そんなことで・・・・なぜ? 今の世界の中でもいろんな 価値観の違いで争いが絶えません。 今の日本では、民主主義が 自由が守られる様になって来ているので シランさんのようにはならないと思いますが・・・しかし 「一番恐ろしいのは どろぼうもない ひとごろしでもない ひとのあたまにかくされた(かんがえ)というものだ」この言葉は深いものがあると思いました!この絵本を通して 人は 価値観の違いで排除するような事はないような 世の中であってほしいと思いました(にぎりすしさん 50代・京都府城陽市 )

ページの先頭へ

閉じる

  • かさをささないシランさん
  • かさをささないシランさん

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中