ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ふゆのよるのおくりもの

  • ふゆのよるのおくりもの

ふゆのよるのおくりもの

  • シリーズ名
    えほんとなかよし 6 ティモシーとサラのえほん 2
  • ISBN
    978-4-591-03386-9
  • 発売日
    1990年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • きょう、ティモシーとサラはもみの木をかって帰りました。きれいに飾りつけをして、クッキーを焼いて、さあ、これからおでかけです・・・。双子のねずみとその家族が織り成す心温まるクリスマスの日のお話。
     
    クリスマス絵本フェア対象商品

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25×25cm
対象年齢 幼児

商品のおすすめ

【対象】 
 
幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

長女の好きな、ふたごのこねずみティモシ-とサラのシリ-ズです。常々、少女趣味でちょっと苦手と思っていたかわいすぎる絵が、クリスマスの雰囲気にはぴったりで、びっくりしました。家族で街へ買い物に行ったティモシ-とサラは、もみの木を買って帰り、飾り付けをしたり、お菓子を作ったりして、次の日おじいちゃん、おばあちゃんちへ出かけます。が、あまり気乗りしないふたり。なぜって、クリスマスイブにお家にいないと、サンタさんが来てくれないかもしれないからです。でも、置き手紙をして出かけます。クリスマスの飾りやお菓子などカントリ-調の絵は、この作者の得意とする分野らしく見ていて楽しいです。でも、それより、私はドライブのシ-ンの風景や、ライトアップされた家々のシ-ンが気に入りました。大人が読んでも、忘れ物をとりにかえったふりをして、子供達のプレゼントを用意したり、サンタさんがお菓子を食べたような演出をしたおとうさん(もちろん、こどもの夢を壊さないようにそんな場面は描かれていませんよ!)や、ベッドに孫たちとひっくりかえってお話してるおばあちゃんが、ほんわかあったかい気持ちにさせてくれます。(ぼのさん 30代・新潟県中頸城郡 男9歳、女7歳、女2歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ふゆのよるのおくりもの
  • ふゆのよるのおくりもの

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中