ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • とうさんとサメ

  • とうさんとサメ

とうさんとサメ

  • ISBN
    978-4-8288-4903-4
  • 発売日
    1990年05月

1,456 (税込:1,572

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22×31cm
対象年齢 幼児 小学12年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

海の男 お父さんは延縄漁船の 漁労長 11ヶ月ぶりに 帰ってきたお父さんを待つ ぼくとお母さんと妹と犬のエリ無事にお父さんが帰ってきた喜び   涙がでますお父さんは一番に仏壇に手を合わせます 一緒に風呂に入り 船での話を聞く サメがたくさんいて お父さんは サメに噛まれた傷があるサメにもいろいろな種類のサメがいて 人食いさめ  やさしいサメもいるお父さんの話を聞き 一緒に晩ご飯を食べる幸せな時間ふとんに入っても話を聞く 南十字星を見たお父さん 自分もあこがれお父さんのようになりたいと思う ぼくなんと サメの数652ひきサメのひれを包丁でさばく絵はすごい迫力 家族みんなで 煙突山に登り 最高のひとときを味わうのです山の上から見た海   地球は丸いのが分かるのですそんな幸せな時間も あっという間で お父さんは又船にのって漁に出かけますなんだか 海の男たちの逞しさと それを待つ家族の 喜びと 切なさが 伝わる絵本でしたサメを捕る 漁師の厳しさが  絵本から伝わります迫力満点の 作者の絵も感動します(にぎりすしさん 60代・京都府 )

ページの先頭へ

閉じる

  • とうさんとサメ
  • とうさんとサメ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中