ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 近世のこども歳時記 村のくらしと祭り

  • 近世のこども歳時記 村のくらしと祭り

近世のこども歳時記 村のくらしと祭り

  • シリーズ名
    歴史を旅する絵本
  • ISBN
    978-4-00-110647-3
  • 発売日
    1990年02月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

2,500 (税込:2,700

メーカーに在庫確認

現在、商品はございません。
ご注文後、メーカーより商品をお取り寄せします。
詳しくはよくある質問をご確認ください。
シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 近世では、こどもは村全体で育てるという風習がありました。こどもたちは、ともに村の祭りや行事に参加し、労働を手伝い自然の中であそびながら成長しました。その一年のくらしを描きます。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 30cm
対象年齢 小学56年生 中学生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

画家太田大八さんは1927年、長崎出身でありながら、自らの記憶の中の風景のようにして、近世の農村生活を送る子どもたちの一年間を描いています。なんと素朴でのどかな生活なのでしょう。大人たちの目線で描いたら、きっと苦労や苦悩がにじみ出て来るのでしょうが、とてもなつかしい元風景として眺めました。今では失ってしまった大切なものをいっぱい見つけたように思います。(ヒラP21さん 50代・千葉県※※市 )

ページの先頭へ

閉じる

  • 近世のこども歳時記 村のくらしと祭り
  • 近世のこども歳時記 村のくらしと祭り

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中