ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • おとうさんのいなか

  • おとうさんのいなか

おとうさんのいなか

  • シリーズ名
    えほんはともだち 6
  • ISBN
    978-4-591-03336-4
  • 発売日
    1989年12月

1,165 (税込:1,258

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 29cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

なぜか、4歳の娘は福田さんの絵がすきなようです。郷愁をさそうような、ちょっとだけ昔を思い起こさせるような絵。ひょっとしたら、田舎のおばあちゃんの家を思い出すのでしょうか。ここに描かれている田舎の光景は娘よりもむしろ私が懐かしいと感じるものです。山間の村。山の斜面を切り開いた狭い畑。家の広い家の端っこにあるトイレ。広い長い縁側。蚊帳。娘は見たことも無いはずなのですが。さて、お話は、お父さんを6月に亡くしたひろしがお母さんと一緒におとうさんの田舎に行きます。そして、そこで、たけちゃんというお父さんの分身のような男の子に出会います。自分もお父さんの子供のころのことを体験して、元気をもらってくるのです。田舎には、疲れたり、弱ったりした人の心を正常に戻してくれるパワーがあるのですね。ひろしのお母さんもきっと、なにか寂しい心を満たすものを求めて、おとうさんの田舎に行ってみようという気持ちになったのではないでしょうか。キーとなるのはお父さんの形見のハーモニカ。音楽には人の心を癒す働きが本当にあるのでしょうね。(えっこさん 40代・東京都杉並区 男11歳、女8歳、女4歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • おとうさんのいなか
  • おとうさんのいなか

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中