ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • おだんごぱん ロシア民話

  • おだんごぱん ロシア民話

ポイント倍率

おだんごぱん ロシア民話

  • シリーズ名
    日本傑作絵本シリーズ
  • ISBN
    978-4-8340-0057-3
  • 発売日
    1989年00月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【対象】 
     
    幼児~小学低学年

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 31cm
対象年齢 幼児~小学低学年

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

まず、題名からして変ですよね。お団子なのにパンだって。これはロシア(?)の話です。おなかのすいた老夫婦が、粉箱をゴシゴシこすってやっと集めた小麦粉でパンを作りました。冷ましている間にパンは脱走。いろいろな動物に食べられそうになるのですが、そのたびにパンは元気に歌って逃げ出します。でも、最後はずるがしこいきつねにだまされてぱくりと食べられてしまいました。せっかくお爺さんとお婆さんがなけなしの粉で作ったパンなのに…。子供に読み聞かせするときは、おだんごパンが歌を歌っているように自分流に節をつけて歌ってやりました。子供も大喜び。ちょっとしんどいのは歌がとても長くて大変かな。忙しいときは超スピードで歌うとそれもまた変化がついて面白かったです。挿絵も派手過ぎない抑え目の絵でとても好きです。(やすこさん 30代・千葉県長生郡 女10歳、男7歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • おだんごぱん ロシア民話
  • おだんごぱん ロシア民話

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中