ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • にじをわたったおばば

  • にじをわたったおばば

にじをわたったおばば

  • シリーズ名
    創作民話絵本
  • ISBN
    978-4-333-01376-0
  • 発売日
    1989年01月

900 (税込:972

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25cm
対象年齢 幼児 小学12年生

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

夫を失い、たよりにしている一人息子がいくさにとられた母親。いくさが終わって何年経っても帰ってこない息子を待つ母親の子どもに向ける思いが切々と伝わってきます。20年経っても帰ってこない息子。ある日、息子が渡っていった川で旅の若者が溺れ死にます。その若者にも待っている親がいる。そう思った母は、橋を造ろうとするのですが、老婆となっていた母親は目が見えません。最後には虹を渡って息子のもとにに旅立つ「おばば」。切々としたお話ですが、梅田俊作さんの絵だけにほんわりした絵本になっています。(ヒラパパさん 50代・千葉県市川市 男13歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • にじをわたったおばば
  • にじをわたったおばば

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中