ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 14ひきのおつきみ

  • 14ひきのおつきみ

14ひきのおつきみ

  • ISBN
    978-4-494-00683-0
  • 発売日
    1988年06月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 今夜は十五夜。みんなで、木の上にお月見台を作って、ごちそうも並べて、お月見です。SLA選定・よい絵本選定

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 27cm
対象年齢 幼児

商品のおすすめ

【対象】 
 
幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

お月見を題材にした絵本はたくさんあれど、この「14ひきのおつきみ」は、飛び抜けて秀逸です。「14ひき」というのは、ねずみの大家族。父母、祖父母、プラス10匹のきょうだいねずみたちという構成です。「14ひきのあきまつり」「・・・ピクニック」「・・・あさごはん」「・・・こもりうた」などなど、いわむらかずお氏はほかにも「14ひき」のシリーズをたくさん描いていますが、どれもみなねずみの大家族をとおして、自然の恵み、家族のきずな等々、忘れ去られようとしている「よいもの」を思い出させてくれます。また、ねずみの低い視点から見た自然をダイナミックな構成で描いているのも圧巻です。実際に、これらの絵本に描かれているような自然の懐に抱かれて暮らしていらっしゃるといういわむら氏ですが、氏の聞こえている葉擦れの音、風の感触、夕焼けの赤さが、そのまま伝わってくるような文章も、非常に調子よくて心地よいです。まるで詩を読んでいるみたいなのです。見開きページいっぱいにたっぷりと描かれた自然を味わいながら、声を出して読んでいると、こころが穏やかにおさまってゆき、自然の恵み、うつくしさに、14ひきといっしょに思わず感謝のことばを言いたくなってきてしまうのです。「おつきさん ありがとう、たくさんの みのりを ありがとう、やさしい ひかりを ありがとう」夕暮れから月の出まで、刻々と変わってゆく空の色、森の色・・・・どのページもため息がでるほどのうつくしさと安らぎに満ちています。かくし絵であるかのように、各ページにさりげなく描かれている小さな鳥や虫たちを探すのも、子どもたちにとってはこの本を味わうときの楽しみであるようです。(あしたはいい日さん -・ )

ページの先頭へ

閉じる

  • 14ひきのおつきみ
  • 14ひきのおつきみ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中