ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • わたしのまっかなバスケット

  • わたしのまっかなバスケット

わたしのまっかなバスケット

  • シリーズ名
    講談社の創作絵本シリ―ズ
  • ISBN
    978-4-06-131851-9
  • 発売日
    1987年04月

1,400 (税込:1,512

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • ねえ、きいて、きょうのピクニックのおはなし。まっかなバスケットをもって、ひとりで、だいすきなおかのうえまで、いったのよ。ねえ、きいて、きいて、きょうの、わたしのおはなし。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25×27cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

上越市出身(我が家も合併して、村民から市民になりました。)ということもあって、こちらではかなり有名な作者です。(「じゅげむ」などの落語絵本で全国的に有名になりましたよね?!)だから、図書館でよく目にするこの絵本も、てっきり載ってると思ったのですが、なくて意外でした。わたしがひとりで、まっかなバスケット(おかあさんの作ってくれたお弁当が入ってる)を持って、ピクニックへ出かけ、帰ってきて眠るまでの1日を、1人称でつづった絵本です。とても変わってるのは、主役の私がどのページにも登場しないことです。長女はちょっと腑に落ちない顔をしていましたが、「きっとわたしはK(長女の名前)なんだよ。」と言ったら、納得したようでした。絵の手法も変わっていて、たぶん紙粘土か何かの貼り絵だと思います。ラストのわたしの夢の中のシーンが、とてもきれいで楽しいです♪原画で見てみたいなあ。(ぼのさん 30代・新潟県上越市 男11歳、女9歳、女4歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • わたしのまっかなバスケット
  • わたしのまっかなバスケット

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中