ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • えんのしたのみっちゃん

  • えんのしたのみっちゃん

ポイント倍率

えんのしたのみっちゃん

  • シリーズ名
    絵本・子どものくに 23
  • ISBN
    978-4-591-02469-0
  • 発売日
    1987年03月

980 (税込:1,058

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • みなさんは、えんのしたってしっていますか?いえのゆかのしたにある、かぜをとおすところです。むかしふうないえにはかならずあって、こどもがこしをかがめればあるけるくらいのたかさです。そこはカビくさく、つめたいかぜがふきぬけます。かくれんぼのとき、10ぷんや15ふんくらいかくれるのならがまんできても、3じかんもでるにでられず、かくれていなければならないとしたら…。みちこは、そこで、さまざまなこころのたいけんをします。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

みっちゃん、昔の子供っぽくていいな。今の子供は縁の下なんて、この本を読んで説明しなければ、なかなか分かるものではない・・・。でも、みっちゃん同様、私も昔は縁の下に隠れたことがある記憶が蘇ってきた・・・。縁の下から見える様々な光景が、なんだかたまらなく良かったです。弟の失敗は、姉が怒られてしまうことは当然。怒られるから、縁の下に隠れて、発見されて、そんなことが息子に伝えることが出来て、とてもよい作品だと思いました。(秀のママさん 30代・大阪府豊中市 男6歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • えんのしたのみっちゃん
  • えんのしたのみっちゃん

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中