ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 数論序説

  • 数論序説

数論序説

  • ページ数
    239p
  • ISBN
    978-4-7853-1050-9
  • 発売日
    1987年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,600 (税込:3,888

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 第1章は“初等整数論”に相当するところで、整数の基本事項から出発して、ガウスの相互律まで解説。従来の書と異なり、いたるところに群(環、体)の方法を用い、初等整数論と代数的整数論の垣根をとり払った特色ある内容である。第2章以降は“中等整数論”に相当するもので、有限次代数体への拡張、整数論における幾何学的ないし解析的方法、解析的方法の円のl分体への応用を解説している。
目次
1 ガウスの相互律まで
2 代数体の基礎概念
3 解析的方法
4 円のl分体と2次体

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 大学生

ページの先頭へ

閉じる

  • 数論序説
  • 数論序説

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中