ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • てんにのぼったなまず

  • てんにのぼったなまず

ポイント倍率

てんにのぼったなまず

  • たじまゆきひこ/作 たじま ゆきひこ(タジマ ユキヒコ)
    1940年生まれ。高知県出身。1965年、京都市立美術大学染織図案科修了。型絵染作品で芸術生活画廊賞、フランス美術佳作賞、京都洋画新人賞を受賞。絵本では、「祇園祭」(童心社)で世界絵本原画展金牌賞、「じごくのそうべえ」(童心社)で絵本にっぽん賞を受賞

  • ISBN
    978-4-8340-0440-3
  • 発売日
    1985年11月

1,200 (税込:1,296

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • うみべのむらに、えのすきな、おじいがすんでいた。1987年世界絵本原画展金牌受賞。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

地震と津波で壊滅的な被害を受けた村が舞台です。まだ東日本大震災の記憶が生々しいだけに心に響きます。海辺の村に住むおじいは絵を描いてばかりでしたが、その絵がみんなを元気付けるので、皆に慕われていたのです。ある日、大地震とともに、海に異変が。津波の復興の中で、おじいの描いたなまずの絵が、奇跡を起こします。染色図案科出身の田島さんの独特の画法が持つ迫力がすごいです。紙が無く、おじいがふんどしに描いた、というストーリーと呼応します。『祇園祭』とともに、世界絵本原画展金牌受賞作品だそう。立派な侍には用は無い、と、常に庶民の中に生きたおじい。ラストでは復興の様子が描かれていて、どうか同じように、被災地に希望の光があたりますように、と祈らずに入られませんでした。地味な絵ですが、やはり子どもたちに紹介してあげたいです。(レイラさん 40代・兵庫県川西市 男の子17歳、男の子15歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • てんにのぼったなまず
  • てんにのぼったなまず

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中