ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • ぼくはおおかみだ

  • ぼくはおおかみだ

ポイント倍率

ぼくはおおかみだ

  • ISBN
    978-4-579-40222-9
  • 発売日
    1985年09月

1,165 (税込:1,258

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 23cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

自分がおおかみであることを知らない子どもおおかみがいました。だんだん大きくなるにつれて、今までいつも一緒に遊んでいた友達がオオカミに近寄らなくなります。オオカミは怖いんだよ・・そんな情報を得るんですね。子どもおおかみは自分の顔を見て、この怖い顔が原因なんだ!とやけになり、わざとみんなを怖がらせたりしました。確か大阪の何かの保育の研究でこの絵本が教材に使われたということを聞いたことがあります。多分、このくだりの部分が普段子ども達が生活している中で姿が重なる部分があるんでしょうね。乱暴だ!怖い!と誰かが言うから、みんながそう思う。そう思われた子はそうだ!ぼくは強いんだ!と威張るようになる・・子ども間だけの問題ではなく、保護者の間でもそういう目で子どもを見るようになる・・。親も、先生も、友達も、子どものいいところがいっぱい見えるようにしたいですね。(まりん♪さん 30代・福岡県北九州市 女11歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • ぼくはおおかみだ
  • ぼくはおおかみだ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中