ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • おつきさま でたよ

  • おつきさま でたよ

おつきさま でたよ

  • シリーズ名
    くりのきえんのおともだち 9
  • ISBN
    978-4-251-00609-7
  • 発売日
    1985年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,200 (税込:1,296

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【対象】 
     
    幼児

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

お月見のしたくをしよう!ポンタくんが先頭にたって、子供たち中心で行事の用意をします。それを優しく見守りながらおだんごを作ってくれるめえこ先生。さあ、準備は整いました。お月見だ。ところがなかなかお月さまが昇ってきません。ポンタは、めえこ先生に頼んで目玉焼きを作ってもらいます。それを夜空に投げて……エイッ、お月さまになれ!園での行事をとりあげたシリーズの一冊目です。全部で12冊。遠足、運動会、ひなまつり、お誕生日会など、どこの園でもやっている行事ばかり。また一冊ごとに主役のお友達が変わります。長期休暇でションボリする娘を見かねて読みました。行事が身近で、自分の体験と重なる様子。お月見は今からだけど、園でするのかな?ぁ? 夜のことだしねぇ?夏休みを終え、さっそく先生に「お月見する?」と聞いてきた娘。娘がめえこ先生に重ねていた担任の先生は、あまりの唐突さに驚かれたとか。残念ながらお月見は家でしてねとのことですが、日本古来の行事を楽しんで説明する機会にもなり、秋の夜長のファンタジーを親子で楽しみました。あの目玉焼きはどこへ行ったんだろう。みんなで用意するのもいいですね。普段から自主性を重んじる園だけに、娘の心に自分たちのしていることと同じだと強く響くものがあったようです。(てぃんく てぃんくさん 30代・京都府八幡市 女4歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • おつきさま でたよ
  • おつきさま でたよ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中