ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 祭の晩

  • 祭の晩

祭の晩

  • ISBN
    978-4-8457-0191-9
  • 発売日
    1985年06月

980 (税込:1,058

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 26×26cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

宮沢賢治は いろんなお話を私たちに残してくれました。祭の晩の 話は、初めて読みました。山の神の秋の祭りの晩のおはなしです。  亮二は十五銭もらって 祭に行きました 十五銭  こんなお金は 私も知らない頃の話ですが、 祭の夜店のようすは よくわかります。亮二は、見せ物小屋に入ります、そこに 山男も来ていたのですが そのときは 分かりません それが この男が だんごを盗み食いして おこられて いじめられているのをみるに見かねて 亮二が 自分お金を 山男にあげるのです。なかなか この亮二のように 優しい心で助けるというのは 難しいと思います。でも 困った時に助け合う この心持ちを 宮沢賢治はお話の中で 私たちに 伝えてくれているんだと おもいました。山男も又 優しい心のもちぬしだっzたのですね!じーんときました。玉井司さんの絵は シンプルですが 山男が 汗かいて こまっていて 涙を流している大きな目が 印象的でした。さいごの 栗がいっぱいで お月様がそらに 輝いている絵も  心に残ります。大人向きの絵本かな?でも 亮二くらいの 子供ならば 優しさが伝わると思いますよ!(にぎりすしさん 50代・京都府城陽市 )

ページの先頭へ

閉じる

  • 祭の晩
  • 祭の晩

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中