ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • じろきち おおかみ

  • じろきち おおかみ

ポイント倍率

じろきち おおかみ

  • シリーズ名
    岩崎創作絵本 8
  • ISBN
    978-4-265-91108-0
  • 発売日
    1985年01月

1,300 (税込:1,404

シェアする
Facebook
Twitter
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 【対象】 
     
    幼児

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 25cm
対象年齢 幼児

絵本ナビ情報 絵本ナビメンバーの声

迷子になった女の子を喰おうと連れ帰ったおおかみのじろきち。「大きく育ててから喰う方が得だぞ」と言ったのはうしのまさくとっつぁん。ここで、「なんでウシなの?」と誰もが思う(らしい)。ちょっと怖そうな話を、人情話に切り替えてくれるのはなんといってもうしのまんさくとっつぁんである。絵本の中で、うしのまんさくとっつぁんの姿は、どこかユーモラスである。じろきちは、女の子を早く育てて食べるために一生懸命。でも、よく考えると、子育ての基本が入ってはいやしないか? じろきちは女の子に愛情を注いでいるようにも見えるじゃないか。絵本で描かれるおおかみのじろきちには、怖さがひとかけらもないのである。そしておしまいには、そろそろ食べ頃と言うまんさくとっつぁんに反論する。「おやそうかい」というとっつあんのホントの気持ちは何だったんだろう?(もともと食べる気などなくて、じろきちに子育てを教えていたのかも)「すっかりまんさくとっつぁんにだまされた」というじろきち。「おれもおおかみにしちゃあまぬけだな…」というじろきちには、どこぞの野性的な親よりよほど人情味があるではないか。何度か読み聞かせをして、大人と子どもの反応はいろいろである。しかし共通していえるのは、「なんでウシなの?」である。最後のシーン。じろきちは女の子を背負って里へ下りていく。その後は、読者の想像にお任せであるようである。矢玉四郎さん。ファンになりました。(ヒラパパさん 50代・千葉県市川市 男12歳)

ページの先頭へ

閉じる

  • じろきち おおかみ
  • じろきち おおかみ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中