ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。



バックナンバー

クラシック聴くならコレ!! 今だから聞きたい!厳選!クラシックセレクション

クラシックを聴きたいけれど、何から始めていいか分からない貴方へ・・・レッツ・エンジョイ・クラシック!

“クラシックは難しい”とお考えの皆様、決してそんなことはありません。馴染む方法さえ間違わなければクラシックはあなたの一生の友人になるはずです。その第1段階は「好きな曲に出会うこと」。ここにはそのための様々な入り口が用意されています。ぜひ好きな曲と出会ってください。そして好きな曲を様々な演奏で聴けばきっと自分の好みが見えてきます。
レッツ・エンジョイ・クラシック!【田中 泰 氏 プロフィールはこちら

『J-WAVE』MORNING CLASSICを深堀する!!   EVERY MONDAY - THURSDAY 08:05 - 08:10

NEW 山にまつわるクラシック特集

田中 泰 氏 コメント
山の日を迎える今週は、山にまつわるクラシックを特集。作曲家たちが想いを寄せた山のイメージは一体どんな音楽になっているのか。
まずは、山をイメージした音楽の定番中の定番、ムソルグスキーの組曲「はげ山の一夜」。「聖ヨハネ祭の前夜には不思議な事が起きる」というロシアの古い言い伝えに基づいたこの作品の面白さと迫力は抜群だ。
続いてはヴェルディのオペラ「トロヴァトーレ」から、ロマの母と息子による二重唱「我らの山へ」は、心打たれる名アリア。
北欧の作曲家グリーグが遺した「ペール・ギュント」組曲の中の「山の魔王の宮殿にて」は、ちょっとコミカルな管弦楽曲。魔王の手下トロルは宮崎アニメの「トトロ」のモデルになったとの噂もあり。
そして最後は、カールマンのオペレッタ「チャールダッシュの女王」から、最高に華やかな「山こそわが心の故郷」をご紹介。
久々に山に登ってみたくなるような作品の数々をぜひご堪能あれ。

真夏のギター特集

田中 泰 氏 コメント
熱さが続くこの季節を快適に過ごすのにぴったりの音色を持つ楽器、ギター特集。
まずは、今年没後100年を迎えたスペインの作曲家グラナドスの「12のスペイン舞曲」から「アンダルーサ」。これはピアノ曲からのギター編曲。
続いてバッハ「シャコンヌ」は、オーケストラやピアノなど様々な楽器のために編曲されている名作中の名作だ。本来は無伴奏ヴァイオリンのための曲をギターで弾くとどうなるのかをご体験あれ。
そしてチェンバロのために書かれたスカルラッティソナタのガラス細工のような美しさは、ギターにもぴったり。涼し気な風が吹きぬけるような趣を楽しみたい。
最後は映画「クレイマー・クレイマー」で使用されたヴィヴァルディ「マンドリン協奏曲」。2台のギターで演奏されるバージョンは、爽やかな朝を演出するのにぴったり。

8月のおすすめクラシック

田中 泰 氏 コメント
まずはミューザ川崎シンフォニーホールのオルガンを楽しむ「真夏のバッハⅡ」公演のプログラムから、バッハのカンタータ「目覚めよと呼ぶ声あり」。オルガンの響きに身を浸す快感をご体験あれ。
続いては「METライブビューイング2016−17」の中で一番人気をさらったR.シュトラウスの楽劇「ばらの騎士」。8月4日から東劇で始まるアンコール上映の目玉になりそう。観逃した方はぜひこの機会にご体験を。
次は「仲道郁代・青春の輝き」公演から、若きブラームスが書き上げた「ピアノ四重奏曲第1番」。ロマの踊りを描いた第4楽章は耳に着いて離れないほど印象的。
最後はイリーナ・メジューエワの「日本デビュー20周年記念公演」から、ベートーヴェン「ピアノソナタ第30番」をご紹介。後期3大ソナタの冒頭を飾るこの曲は、「不滅の恋人」に捧げたという伝説も頷けるほどの美しさだ。

『JAL機内クラシックチャンネル』で聞けるおすすめ楽曲

JAL機内クラシックチャンネル 8月のテーマは「くつろぎのクラシック」

アダージョ・カラヤン DX

田中 泰 氏 コメント
多くの人がクラシックに求めるイメージの中で、最も人気の高いのが「くつろぎ」のようだ。というわけで、今回は、誰が聞いてもくつろげること間違い無しの名曲をピックアップ。
その筆頭にあるアルバムが、かつて一世を風靡した「アダージョ・カラヤン」だ。 遅い速度を意味する音楽用語「アダージョ」の語源はずばり「くつろぐ」という意味のイタリア語。 古今東西人が求めるものは共通なのだろう。
このアルバムに収められた「カヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲」「パッヘルベルのカノン」「G線上のアリア」や「マーラーのアダージェット」など、全てゆったりとしたテンポと心に沁みる美しいメロディの曲ばかり。
疲れた気分を癒す上でもきっと効果がありそうな名作の数々をぜひご体験あれ。
聞きながら眠りに落ちる快感は癖になりますよ。

君はグレン・グールドを聴いたか(その5)

ピアノ四重奏曲変ホ長調

田中 泰 氏 コメント
グールドの演奏の特徴はと言えば、「正確無比の指さばき」「鼻歌交じりの名(迷?)演奏」「作曲家の指示を無視した表現力」などさまざまな言い方ができそうだが、その全てが混じり合って、グールドならではの、そしてグールドにしかできない音楽が出来上がっているとも言えそうだ。
そこに更にもう一言加えるとしたら、それは「陶酔」だろう。
美しい音楽に陶酔しきって奏でられるグールドの音楽は、演奏者の陶酔が聞き手に伝播するような力を持っている。
その瞬間を体験できる代表作としてお薦めしたいのが、シューマン「ピアノ四重奏曲」だ。
ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの4つの楽器で奏でられるピアノ四重奏曲の代表作として知られるシューマンのこの作品を選ぶのも、グールドならではの臭覚。自分にあった作品を見極めるのも才能だ。
この曲の第1楽章をぜひ聴いて欲しい。「陶酔」という言葉の持つ意味を改めて感じる瞬間がそこにある。

田中 泰 氏 プロフィール

1957年横須賀生まれ。1988年ぴあ(株)入社以来一貫してクラシックジャンルを担当。2009年(株)スプートニクを設立して独立。 2012年(財)日本クラシックソムリエ協会を設立し代表理事に就任。J-WAVE「モーニングクラシック」での名曲紹介および「JAL機内クラシック・チャンネル」の構成などを通じてクラシックの普及に務めている。

クラシックソムリエ検定

おすすめ情報

ページの先頭へ