ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 週刊東洋経済 2017年4月22日号

  • 週刊東洋経済 2017年4月22日号

週刊東洋経済 2017年4月22日号

  • 号数
    2017年4月22日号
  • 発行間隔
    週刊
  • 雑誌コード
    20134
  • 発売日
    2017年04月17日

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

639 (税込:690

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 先行き不透明な時代の突破口を探します。創刊1895年の日本を代表する経済誌。

商品詳細情報

代表商品コード 4910201340477
サイズ Aヘン
出版社情報 【特集】
●東芝が消える日
  16万人の社員はどこに行く

 ◇異例の決算発表強行 開き直った経営陣
  ・東芝が抱える4つのリスク
[リスク1半導体] 政府の横やりも懸念 障害が多いメモリ売却
   ◎竹内 健 東芝OB
   ◎坂本幸雄 元エルピーダメモリ社長
  ・主力行と地銀で温度差 銀行団にくすぶる不満
[リスク2 エネルギー] 最大損失は1兆円 LNG契約の落とし穴
[リスク3 内部統制] 窮地の東芝を次々に襲う上場廃止クライシス
[リスク4 人材流出] もうやってられない! 東芝社員はどこへ行く
  ・原発立国に踊った東芝 旗を振った経産省の罪
  ・ 東芝経営陣への提言 これが生き残る道だ!
  ・揺れる東芝城下町・府中市
 ◇どこの会社でも起こりうる 東芝を沈めた4つの失敗
  ・経営陣にこそ必要な「心がけ」
  ・大物ぞろいでも見抜けず 期待外れの社外取締役
  ・異例の不表明を招いた東芝と監査法人の暗闘
  ・原発御三家の葛藤 進むべきか退くべきか 
    三菱重工と日立製作所の深まる苦悩
   ◎村上朋子 日本エネルギー経済研究所研究主幹
  ・火力発電事業を統合した三菱と日立が陥った泥仕合
  ・伸び悩む優等生 日立製作所の憂鬱

【深層リポート】
◆相次ぐ巨額買収で変身図る
  キヤノンの「脱」本業
   ◎御手洗冨士夫 キヤノン会長兼CEO「新規事業こそキヤノンの本業」
◆日本最大の化学メーカー始動
  三菱ケミカル 世界で戦えるか
   ◎越智 仁 三菱ケミカルホールディングス社長
     「ニッチな高収益商品を次々生み出す」

…ほか
発売日について 発売日は首都圏基準の発売日になります。地域・地区によって発売日・お届け日は異なります。
※首都圏とは、「東京、埼玉、千葉、神奈川」の1都3県を示します。

ページの先頭へ

閉じる

  • 週刊東洋経済 2017年4月22日号
  • 週刊東洋経済 2017年4月22日号

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中