ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 建築照明の作法 照明デザインを語る10の思想と27の作法

  • 建築照明の作法 照明デザインを語る10の思想と27の作法

建築照明の作法 照明デザインを語る10の思想と27の作法

  • 面出薫/著 面出 薫
    1950年、東京に生まれる。東京藝術大学大学院修士課程を修了。1990年(株)ライティングプランナーズアソシエーツを設立、代表取締役。現在、武蔵野美術大学客員教授、東京藝術大学、東京大学、などの非常勤講師

  • シリーズ名
    TOTO建築叢書 5
  • ページ数
    231p
  • ISBN
    978-4-88706-345-7
  • 発売日
    2015年03月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,500 (税込:1,620

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 照明デザイナーとして37年。東京国際フォーラムや東京駅丸の内駅舎保存・復原ライトアップなどの国内のビッグプロジェクトをはじめ、シンガポール中心市街地照明マスタープランなど海外プロジェクトも数多く手掛ける面出薫の光のデザイン論。
目次
建築照明/10の思想(光は素材である
照明器具は道具である
輝くべきものは建築であり人である
自然界のルールに学ぶ
光は時を視覚化する
空間の機能が光を選択する
光は機能を超えて気配を創る
場の連続性にこそドラマが生まれる
光は常にエコロジカルである
光=陰影をデザインする)
建築照明/27の作法(心の作法
頭の作法
手の作法)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

商品のおすすめ

建築や都市景観に「巧妙な気配を作り出すための罠」を仕掛け続けてきた著者が、照明デザインの仕事をわかりやすく説いた一冊。日本を代表する照明デザイナーの思想(「近刊情報」より)

ページの先頭へ

閉じる

  • 建築照明の作法 照明デザインを語る10の思想と27の作法
  • 建築照明の作法 照明デザインを語る10の思想と27の作法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中