ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • プレ・デザインの思想 建築計画実践の11箇条

  • プレ・デザインの思想 建築計画実践の11箇条

プレ・デザインの思想 建築計画実践の11箇条

  • 小野田泰明/著 小野田 泰明
    1963年石川県生まれ。博士(工学)。一級建築士。1985年HPデザイン・ニューヨーク、1986年東北大学工学部建築学科卒業。1998~1999年カリフォルニア大学ロサンゼルス校客員研究員(文部省在外研究員)。2007年~東北大学大学院教授。2010年~重慶大学客員教授。2012年~東北大学大学院都市・建築学専攻長。2013年~日本建築学会理事。現在、岩手県釜石市にて復興ディレクター、宮城県石巻市復興推進会議副会長、宮城県七ヶ浜町復興アドバイザーなどを務める

  • シリーズ名
    TOTO建築叢書 3
  • ページ数
    183p
  • ISBN
    978-4-88706-335-8
  • 発売日
    2013年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

数量:

1,400 (税込:1,512

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 良い建築を生み出すのに必要な建築計画者とはどういう職能か。今、最も活躍している筆者が建築計画実践を11箇条にまとめた一冊。
目次
第1章 空間は、ひとの行動によって切り開かれる。
第2章 ひとの行動と空間の状況は相互浸透的なものである。
第3章 機能は、空間を操作可能な状態に縮減する発明である。
第4章 ダイヤグラムや面積表は、機能を建築に定着する、計画の有効な道具である。
第5章 ダイヤグラムは、便利だが道具に過ぎない。道具に使われてはならない。
第6章 空間で、ひとを自由に操ることはできない。
第7章 良い空間は、ひとをつなげ、コミュニティの基盤となる。
第8章 良い空間の裏側には、ちゃんとした運営が存在する。
第9章 良い空間は、良い計画プロセスによって、初めて成就する。
第10章 良い計画プロセスは、社会における縦と横の信頼によって支えられている。
第11章 良い計画プロセスには、しっかりした職能とそれを社会に位置付ける仕組みが不可欠である。

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • プレ・デザインの思想 建築計画実践の11箇条
  • プレ・デザインの思想 建築計画実践の11箇条

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中