ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 植物のゲノム研究プロトコール 最新のゲノム情報とその利用法

  • 植物のゲノム研究プロトコール 最新のゲノム情報とその利用法

植物のゲノム研究プロトコール 最新のゲノム情報とその利用法

  • 佐々木卓治/監修 田畑哲之/監修 島本功/監修 佐々木 卓治(ササキ タクジ)
    農林水産省農業生物資源研究所分子遺伝部。共同監修に「植物のゲノム研究プロトコール」がある

    田畑 哲之(タバタ テツユキ)
    かずさDNA研究所植物遺伝子研究部

    島本 功(シマモト コウ)
    奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科

  • シリーズ名
    細胞工学別冊 植物細胞工学シリーズ 14
  • ページ数
    252p
  • ISBN
    978-4-87962-232-7
  • 発売日
    2001年02月

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

3,800 (税込:4,104

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 植物におけるゲノム研究の最新情報・実験法を詳しく紹介。すべての植物研究者に必読の一冊。
目次
第1章 総論
第2章 ゲノム解析の原理(ゲノム解析の戦略
ゲノム情報解析
マイクロアレイ法
遺伝子破壊法 ほか)
第3章 ゲノム解析の実際(イネのゲノムシークエンス
シロイヌナズナのゲノム解析の現状
マメ科のモデル植物ミヤコグサ
ダイズのゲノム解析 ほか)

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 28cm

商品のおすすめ

本書は、急速な植物のゲノム研究の進展を受けて、植物のゲノム研究に関する最新のプロトコール集である。ゲノム研究のモデルともいえるシロイヌナズナやイネのみならず、急速に研究の進展しているほかの植物ゲノムに関しても、それぞれの植物のゲノム研究の第一人者に最新の情報を執筆していただいた。さらに、ポストゲノムシークエンスともよばれる遺伝子の機能に関した研究の方法に関しても詳しく現状を紹介している。

ページの先頭へ

閉じる

  • 植物のゲノム研究プロトコール 最新のゲノム情報とその利用法
  • 植物のゲノム研究プロトコール 最新のゲノム情報とその利用法

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中