ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 京鹿子叢書断章

  • 京鹿子叢書断章

京鹿子叢書断章

  • 高木智/著 高木 智
    昭和10年京都市生まれ。昭和31年京鹿子に投句始める。昭和35年第三次京大俳句会再興。昭和41年京鹿子同人。昭和48年京鹿子評論賞。同年現代俳句協会々員。平成元年句集「ベレー」出版。平成18年関西現代俳句協会理事。平成21年「京鹿子」野風呂賞

  • シリーズ名
    京鹿子叢書 第255編
  • ページ数
    189p
  • ISBN
    978-4-86099-298-9
  • 発売日
    2014年11月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

3,000 (税込:3,240

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 鈴鹿野風呂が主宰した俳句雑誌『京鹿子』は、日野草城、山口誓子、五十嵐播水等多くの俊英を世に送り出した。その初期に発行された「京鹿子叢書」50編をレビューし、句集や著作に込められた意義を紐とく。
目次
序文の序文―「野風呂序文集」
京鹿子とその叢書―概説風に
華麗なる創生期―「京鹿子第一句集」
作家論序説―「野風呂句集」
俳壇の青春―二冊の「草城句集」より
俳壇との交流―「南風」と「より江句文集」
地道な努力の結集―「播水句集」
同人誌としての京鹿子―「京鹿子第二・第三・第四句集」―(その1)
京鹿子の第二期黄金時代―「京鹿子第二・第三・第四句集」―(その2)
結社を支えた二本の柱―「丹鶴集」と「小鳥網」〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 22cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • 京鹿子叢書断章
  • 京鹿子叢書断章

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中