ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • 名作をいじる 「らくがき式」で読む最初の1ページ

  • 名作をいじる 「らくがき式」で読む最初の1ページ

名作をいじる 「らくがき式」で読む最初の1ページ

  • 阿部公彦/著 阿部 公彦
    1966年横浜市生まれ。現在、東京大学文学部准教授。英米文学研究。文芸評論。著書に『文学を“凝視する”』(岩波書店、サントリー学芸賞受賞)など。翻訳もある

  • ページ数
    254p
  • ISBN
    978-4-8456-3077-6
  • 発売日
    2017年09月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

1,800 (税込:1,944

在庫あり

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 漱石、太宰、谷崎、乱歩…文豪の名作に「らくがき」をしたら、小説のことがもっとわかった!東大の先生が考えた新しくておもしろい読書入門。
目次
夏目漱石『三四郎』―目覚めたら話がはじまっていた
夏目漱石『明暗』―小説世界に「探り」を入れる
志賀直哉「城の崎にて」―一行目で事故に遭う
志賀直哉「小僧の神様」―おいしい話を盗み聞き
太宰治『人間失格』―太宰モードに洗脳される
太宰治『斜陽』―こんなに丁寧に話すんですか?
谷崎潤一郎『細雪』―一筋縄ではいかないあらすじ
谷崎潤一郎「刺青」―劇場的な語り口
川端康成『雪国』―美しい日本語だと思いますか?
梶井基次郎「檸檬」―善玉の文学臭〔ほか〕

商品詳細情報

フォーマット 単行本
サイズ 19cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • 名作をいじる 「らくがき式」で読む最初の1ページ
  • 名作をいじる 「らくがき式」で読む最初の1ページ

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中