ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • マイケル・ヘッジス アコースティック・ギターの革新者 (CD付) (ザ・マスターズ・オブ・アコースティック・ギター)

  • マイケル・ヘッジス アコースティック・ギターの革新者 (CD付) (ザ・マスターズ・オブ・アコースティック・ギター)

マイケル・ヘッジス アコースティック・ギターの革新者 (CD付) (ザ・マスターズ・オブ・アコースティック・ギター)

  • 南澤大介/著 1966年12月3日生まれ。作・編曲家として、プラネタリウムや演劇、TVなどのサウンドトラック制作を中心に活動中。近作に、NHK教育TV「しらべてゴー!」(作曲)、フジTV「ブザービート」(ギター演奏)など。高校時代にギターの弾き語りをはじめ、のちソロ・ギター・スタイルの音楽に傾倒。マイケル・ヘッジス、ウィリアム・アッカーマンら、ウィンダム・ヒル・レーベルのギタリストに多大な影響を受ける。 92年、TVドラマ「愛という名のもとに」サウンドトラック(作曲:日向敏文)への参加が、プロ・ギタリストとしてのデビュー。ギター1本でロックやポップスの名曲を演奏したCD付き楽譜集『ソロ・ギターのしらべ』シリーズ(小社刊)が累計30万部を突破し、楽譜としては異例のベストセラーを続けている。

  • シリーズ名
    ザ・マスターズ・オブ・アコースティック・ギター ACOUSTIC GUITAR MAGAZINE
  • ページ数
    87p
  • ISBN
    978-4-8456-3053-0
  • 発売日
    2017年06月

【お知らせ】2017年11月17日より店舗受取り(送料無料)の条件が変更になりました。
詳しくはこちら

3,000 (税込:3,240

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • 9曲のコピー譜で知る超絶テクニック
    豊かな音楽性をインストゥルメンタルに落とし込んだデビュー作『Breakfast in the Field』や、名作『Aerial Boundaries』で披露した革新的な奏法によって、アコースティック・ギターの可能性を広げ、1997年の没後もフィンガースタイル・シーンに大きな影響を及ぼしているマイケル・ヘッジス。本書は"一聴しただけではどう弾いているのかわからない"と言われる彼のプレイを解説する楽譜集です。『ソロ・ギターのしらべ』シリーズで知られ、ヘッジスからの多大な影響も公言する南澤大介が、さまざまなテクニックが盛り込まれたタイプの異なる9曲を題材に、その特殊な奏法を徹底解明していきます。
目次
■マイケル・ヘッジスの軌跡
■マイケル・ヘッジス奏法(CD対応)
■ディスコグラフィ
■愛用ギターとサウンド・システム
■スコア(全9曲)

【収録曲】
◎The Happy Couple
◎Baby Toes
◎Peg Leg Speed King
◎Eleven Small Roaches
◎Silent Anticipations
◎Aerial Boundaries
◎Hot Type
◎Ragamuffin
◎Two Days Old
※付録CDにはヘッジス奏法を身につけるために著者が作成した練習フレーズを収録しています。
コピー譜に対応した演奏は収録していませんのでご了承ください

商品詳細情報

フォーマット 楽譜
サイズ 29cm
対象年齢 一般
初版の取り扱いについて 初版・重版・刷りの出荷は指定ができません。
また、初版にのみにお付けしている特典(初回特典、初回仕様特典)がある商品は、
商品ページに特典の表記が掲載されている場合でも無くなり次第、終了となりますのでご了承ください。

ページの先頭へ

閉じる

  • マイケル・ヘッジス アコースティック・ギターの革新者 (CD付) (ザ・マスターズ・オブ・アコースティック・ギター)
  • マイケル・ヘッジス アコースティック・ギターの革新者 (CD付) (ザ・マスターズ・オブ・アコースティック・ギター)

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中