ご使用のブラウザでは、Cookieの設定が無効になっています。
すべての機能を利用するには、ブラウザの設定から当サイトドメインのCookieを有効にしてください。

  • SMに市民権を与えたのは私です 団鬼六自伝

  • SMに市民権を与えたのは私です 団鬼六自伝

SMに市民権を与えたのは私です 団鬼六自伝

  • 団鬼六/〔著〕 団 鬼六
    1931年滋賀県彦根市生まれ。関西学院大学法学部卒業。57年「親子丼」で文藝春秋オール読物新人賞に入選し、作家活動に入る。酒場を経営したり、教職に就いたりしたが、60年代『花と蛇』が人気を博し、官能小説の第一人者となる。69年、鬼プロダクションを設立。ピンク映画やSM雑誌を手掛けた。89年断筆、将棋雑誌「将棋ジャーナル」の社主となる。95年に『真剣師 小池重明』で復活。その後耽美官能小説をはじめ、文学作品も数多く手掛けた。2011年没

  • シリーズ名
    立東舎文庫 た1-1
  • ページ数
    350p
  • ISBN
    978-4-8456-2754-7
  • 発売日
    2016年01月

閉じる

例)1234567

[住所の変更]

宅配受取り
店舗受取り(送料無料
セブン-イレブン
その他の店舗

閉じる

[対象店舗]
お急ぎ店舗受取り(324円

数量:

800 (税込:864

メーカーに在庫確認

シェアする
Facebook
Twitter
Google+
メール

閉じる

ログイン後、改めてメールの送信をお願いします。 ログイン

商品の説明

  • SMという言葉がまだ存在せず、嗜虐趣味がタブー視されていた時代に、アブノーマルな世界に光を与えた男がいた!小説、映画、雑誌、写真と、あらゆる表現方法でSMの世界を追求した著者の、“山も谷もありすぎる”半生記。SM業界はもとより映画業界からクリエイター、市井の人々との交流もユーモラスに活写され、貴重な昭和史の記録となっています。主な登場人物は、高島忠夫、中野実、野上彰、火野葦平、芳村真理、美濃村晃、新高恵子、谷ナオミ、鈴木則文、たこ八郎、本木荘二郎、辻村隆、宇野亜喜良、篠山紀信、渥美清、立川談志などなど多士済済。

商品詳細情報

フォーマット 文庫
サイズ 15cm
対象年齢 一般

ページの先頭へ

閉じる

  • SMに市民権を与えたのは私です 団鬼六自伝
  • SMに市民権を与えたのは私です 団鬼六自伝

閉じる

エラーが発生しました。

読み込み中